2017年03月14日

【子育てアドバイスシリーズ】理系パパの子育て日記 その6

こんにちは。
学習指導コンサルタントの柳瀬浩志です。
高校受験ですが皆志望校に合格することができました。
これでやっと一息です。


さて、今日は子育てにおけるパパの役割について考えてみたいと思います。

子育てにおいて、
最初の1年はおむつを交換する入浴の手伝いをするなどママの補助的役割が多いですよね。

2歳児以降になると、ママとは違う世界観を見せてあげるというところが重要だと思います。

例えば、ママが物事を論理的に考えることが多い場合。パパは感情的に直感的に考えて行動するということを子供に見せてもいいのではないかということです。

こういう事をすると、
「パパとママ言っていることが違う。」ということになりますが、

一般の社会において、一つの事柄に対して色々な意見や考え方があるのは、ごく当たり前のことです。

だから私はパパとママが違うことを言っていてもいいのではないかと思っています。

子供はいろんな価値観があるんだというのを日常生活の中で学んでいくことになるわけですからね。

でもその際に気を付けなければいけないことは、相手の意見に反論して
「私が正しいんだ!」
と主張するのではなく。

「なるほど。そうだよね!」
とママの意見をまずは受け入れた後、

「他にはこんな考え方もあるんじゃない?」
と客観的に自分の意見を伝えるということだと思います。

それに対して子供がどう判断するかどう感じるかは、子供の自由です。

子供は、大人からみればまだ成長過程ですから未熟なものです。
でも立派な一人の人間としての人格があるわけです。
そこは最大限尊重してあげたい。
だからといって放置するわけではない。

後押し、励ましや。多くの世界を見せてあげること。多くの機会を与えること。

そして本人が何か決断しようと思った時は、
子供の一番のサポーターになる。

そのような気構えで、
子育て関わっていけばよいのではないかと思います。
posted by あわぼぉんネット at 12:53| 子育てアドバイスシリーズ

2016年10月27日

おすすめハロウィンスイーツ【作ろう!野菜ソムリエりえ先生の旬レシピ♪】

まもなくハロウィン!
子どもたちの仮装は決まりましたか?
我が家はマーベルヒーローのクモのあれを(笑)
ちなみに昨日はあわぼぉんの反省会でしたが、
とりあえず子どもたちは仮装させてみました〜!
オラフや魔女や女子に変身しちゃう男子や、子どももみんなノリノリ♪
特別なイベントが無くても、ハロウィンは結構楽しいんです。

そんなアットホームハロウィンにオススメのスイーツレシピをご紹介です。
可愛くて美味しいおやつがあれば、子どもも大人も盛り上がりますよ〜。
南房総で大活躍中の野菜ソムリエ、安西理栄さんに教わりました!

14798822_1147266092020049_244357538_n.jpg

さすがりえ先生!これが出てきたら写真合戦が始まりますね(笑)
なんだか大変そう…にも思いますが、意外に簡単なんですよ!
どうぞ作ってみてくださいね〜。

【材料】約10個分
かぼちゃ(種・わたを取ったもの 400g)
生クリーム 100cc
きび砂糖 大匙2(約30g)
卵黄 1個分(つや出し用に少しとっておく)

【作り方】
@かぼちゃは種とわたを取り、蒸し器で蒸してから皮を取り除いて木べらでつぶす。(レンジを使ってもOK!やりずぎないように、少しずつ様子を見ながら)皮は飾り用に少し取り分けておく。オーブンを200度に余熱しておく。

A鍋に生クリーム、きび砂糖を入れて温めて溶かし、@のかぼちゃ、卵黄を入れてもったりするまで混ぜる。

BAを丸く成形し、ようじでかぼちゃに見えるように筋をつける。表面につや出しようの卵黄を塗り、オーブンで15分ほど焼く。仕上げに、取り分けておいたかぼちゃの皮を指して出来上がり!

いかがでしょうか?
りえ先生に直接聞いてみたいなぁという方にちょうどいい教室もありますよ!
ちょうどハロウィン、10月31日に館山のアットマークカフェにて旬野菜教室が開催されます。
テーマもかぼちゃ!
かぼちゃの魅力を学んで、おうちハロウィンパーティで披露しちゃいましょう♪

【野菜ソムリエに教わる地元の旬野菜教室〜かぼちゃ〜】
食べればホクホク、心もホクホク。カボチャの魅力に迫る!
季節に寄り添いながら、野菜果物を中心に心も身体も豊かな毎日を送るための講座です。座学や食べ比べのワークショップを通じてカボチャの魅力を学び、手軽に美味しくできるレシピをご紹介、ご試食いただきます。「知って食べる」ことで、地元の旬野菜をもっと楽しんでみませんか?

【開催日時】2016年10月31日(月)10:00〜12:00
【場所】アットマークカフェ 館山市北条490-7 トーカンビル1F
    0470-28-4490 info@atmark-cafe.jp
【講師】安西理栄 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ
【参加費】2000円(ワンドリンク込)
【持ち物】筆記用具
【FB】https://www.facebook.com/events/1326628227356959/




【hiro】
posted by あわぼぉんネット at 06:11| 子育てアドバイスシリーズ

2016年09月25日

【子育てアドバイスシリーズ】理系パパの子育て日記 その1

お待たせしました!
以前お知らせした【子育てアドバイスシリーズ】第二弾!
「理系パパの子育て日記」をお送りします!
ママには理解不能!?な理系パパの頭の中、覗いてみましょう♪
是非、パパと一緒に楽しんで下さいね!

では、浩志さん、お願いします。
※※※※※※※※

子育てアドバイスのコラムを担当させていただくことになりました。柳瀬浩志と申します。
館山市内で学習塾を開業しております。

塾では、毎日小中学生に勉強を教えることが仕事。
性格や家庭環境、苦手教科も様々な生徒がいて
みんなそれぞれ違います。
生徒と体当たりの授業の中、いろいろなことを感じ考えるのですが、
その中でもこれが1番大切だ。
私が考えていることがあります。
それは主体性です。
これがないと楽しくありません。
また学習効率も極端に落ちます。
自ら進んで取り組むことができなければ、やらされてる感じがして、自らの感情に響きません。
ということは結局、成果が上がらないということになるのです。
ですから、本人の主体性に大きな影響を与える小学校低学年ぐらいまでの時期が、
非常に大切であると思っています。
「主体性を尊重し育むこと」
わがままに何でも好き勝手にさせること。
自らの判断で行動させること。
似ていますが違いますよね。
その辺の判断が難しいのですが、
妻といろいろ相談しながら二人三脚で楽しんで育児をしています。
なんだか堅苦しいご挨拶になってしまいました。
次回はパパにも簡単に参加できる育児として、
絵本の読み聞かせについてお話させて頂きたいと思います。
コツは「感情をこめない」です。

ではまた、次回。
posted by あわぼぉんネット at 08:32| 子育てアドバイスシリーズ