2014年03月08日

あぜ道に春がいっぱい

あぜ道に春がいっぱい

まだまだ寒い日が続きますが、野原や田んぼ、あぜ道には春がいっぱいです!

これなぁに?
NCM_1075.JPG



発見できましたか?
そうそう昔懐かしい?!「つくし」です!
最近は、あまりみかけなくなってしまいましたが、あぜ道を散歩していると、つくしを発見した子どもたちが大興奮!!


NCM_1074.JPG

しばらくの間、夢中でつくしを見つけては、せっせと袋に詰めていました。

この他にも、「つゆ草」や「ホトケノザ」を摘んで花束にしたり、「ぺんぺん草」の実を下に引いて振り、耳元で音を鳴らしたり、「タンポポ」の綿毛を飛ばしたり。「河津桜」の落ちている花弁を息でふぅ〜っと飛ばして、ひらひら舞うのを楽しんだり。

こうした昔ながらの遊びが楽しめるのも、自然いっぱいの安房の地ならではですよね。
普段散歩する道も、足元をよく見るとこうした自然に触れ合えるかもしれませんよ!

この時期にしかない旬の遊び、パパやママも童心に戻って夢中になるかも?!

NCM_1091.JPG
鋸南町の佐久間川、役場付近の「頼朝桜(河津桜)」3月7日現在満開で見ごろを迎えています




【Sr】
posted by あわぼぉんネット at 01:42| 子育て日常ログ