2013年10月24日

10月18日豆っこひろばB

今月の「豆っこひろば」http://taibusa.jp/jigyo/mamekko.html ではジャンボホットケーキを作りました。絵本「ぐりとぐら」の世界のようです。

スタッフのお兄さん、お姉さんの指導のもと、小麦粉・砂糖・卵・牛乳を混ぜ合わせ、鉄板で焼きます。1個のホットケーキに使った卵の数は5個くらい(ちょっとうろ覚えです・・・)。子どもたちが順番に材料をかき混ぜます。そして、バーベキューをするカマドに木々を集めて火を熾しました。ホットケーキが黒焦げにならないように火の強さを加減します。
DVC00497.jpg
ホットケーキは鉄板の上に丸く広げて焼きます。鉄板の大きさは一般的なバーベキューの鉄板を思い浮かべてください。
生地にぷつぷつと泡がたくさんできると、へらを4本使い、2人がかりでひっくり返します。
火の煙にいぶされながら、ホットケーキはほどほどの焦げ具合で完成です。

大きなホットケーキは16人の大人と子どもで分け合い食べました。
お母さんの分も食べる!、と1人でたくさん食べている食いしん坊さんも。
1切れはほんの少しになってしまった、と思いましたが意外と量はあり、お腹は満たされました。

帰宅してからも、3歳の息子は「ホットケーキ食べた」と繰り返し話していました。とても印象的なおやつになったようです。野外の調理は大変ですが、我が家でもまたチャレンジしてみたくなりました。

【Ekko】
posted by あわぼぉんネット at 00:01| 子育て日常ログ