2017年01月18日

【子育てアドバイスシリーズ】理系パパの子育て日記 その5

明けましておめでとうございます。
学習指導コンサルタントの柳瀬浩志です。
「理系パパの子育て日記」の5回目です。
昨年の11月以降、受験シーズンが本格的に始まりなかなかアップできない状態となっておりました。
気づけは2か月以上も経っていました。今年は、もう少し頻繁にアップするようにしていこうと思います。


さて最近なのですが、
学生の時に愛読していた各種図鑑類を娘に譲りました。
野鳥図鑑、街の植物図鑑、野草図鑑、木の実の図鑑、ドングリの図鑑、昆虫の図鑑、甲虫の図鑑などなど。
ジャンルは、自然科学系の「身近な生き物系」です。

これは、もうどうしようもないと思うのですが、娘と義務感とかではなく、こちらも積極的な気持ちで主体的に関わろうとすると、
どうしても「自然科学系」になってしまう。

自分がわくわくするような事でないと、結局一緒に遊べないので、だいたい生き物ネタに落ち着きます。
そんな接し方としているので、娘は3種類のカマキリの同定(種の識別をすること)ができます。

同定可能なのは以下の3種です。

@オオカマキリ
昨年は2〜3回捕まえて飼育もしました。

Aハラビロカマキリ
現在、1匹飼育中。

Bコカマキリ
1回捕獲するも、脱走される。


自然には、いろんな変化があるということ。生き物は多様だということ。そんな事を肌で感じて欲しいと思っています。
悩みの種は、最近寒い日続きで、ハラビロカマキリの餌を捕まえられないということ。
通常カマキリは秋に産卵し、飢えと寒さの中で力尽きていきのですが、我が家の「ハラビロカマキリ」は長生き。
でも、上には上がいるもので、記録では2月まで生きた個体もいるそうです。
いったいどこまでいけるか挑戦中です。

※※※※
理系パパの子育て日記では、理系パパに聞いてみたいテーマなど募集中です!
リクエストお待ちしています☆

【Mu】
posted by あわぼぉんネット at 23:21| おすすめイベント