2016年10月18日

【子育てアドバイスシリーズ】理系パパの子育て日記 その3

みなさん。こんにちは。
学習指導コンサルタントの柳瀬浩志です。
「理系パパの子育て日記」3回目です。
今日のテーマは
お庭で簡単にできる自然観察♪
です。
今の時期、外遊びをして戻ってくると必ずポケットに入ってるものってありませんか?
そうドングリです。
(ちょっと話の持ってき方が強引でしたw)
どんぐりはコロコロしてて集めやすいし、
探し出して集めるという行為が、「宝探し」っぽいのでしょうか?
うちの娘も外遊びの度にたくさん拾ってきます。
でもその後のどんぐりは、アクセサリーにしたり、コマにしたりと「工作の材料」としてはよく使われるものの、結局最終的には飽きてしまい、アクセサリになることもできず、余ってしまったドングリは「部屋の片隅で埃をかぶって悲しく転がっている」という光景。
意外によくあることなのではないでしょうか?
もっと何か、継続的に楽しむことができて、
さらに子どもの知的発達を促すようなw
そんなことをドングリを使ってできないだろうか???
で思いついたのが、どんぐりを蒔き、芽が出て大木になっていく過程を娘と共有しながら体験いくという事です。
木が大きく育っていく姿は、新芽が出たり、落葉したりと、小さいながらも様々なドラマが展開していきます。
子供が大きくなったとき、
このドングリの木は4歳の時にドングリを蒔いて育てたものなんだよ。」
といつか話ができるのかなあ〜?
なんて想像すると、なんだか楽しくなってきませんか?
特に私の場合は生き物好きなので、こういうことが大好きなのですが、普段生き物にあまり感心がない人でも、
ドングリを蒔くのは、超簡単♪お手軽です。
でも、時期は今の時期限定。
試すなら今ですよ〜(*^^*)
我が家は、1週間ほど前に
「マテバシイ」という種類のドングリを蒔きました。
20粒ほどですが、果たしてちゃんと発芽してくるのでしょうか?
またこのブログでご報告していきたいと思います。

※※※※※※
このコーナーでは、理系パパに聞いてみたいこと、テーマに取り上げて欲しいことなどを募集しています!
是非ご意見お寄せ下さい。お待ちしています♪
【Mu】
posted by あわぼぉんネット at 12:30| おすすめイベント