2015年08月11日

【絵本】歯科衛生士さんおススメ!はみがき絵本

【絵本】歯科衛生士さんおススメ!はみがき絵本

先日開催された「口腔ケア講座」で、
(講座の様子→http://awababykids.sblo.jp/article/149974201.html
ビーバー歯科の池辺真弓さんから教えていただいた、おすすめのはみがき絵本。

<池辺さんおすすめ絵本>
おかしだいすき(いもと ようこ)岩崎書店
ノンタンはみがきはーみー(キヨノ サチコ)偕成
はみがきあそび(きむら ゆういち)偕成社
いーはーとあーは(柳生 弦一郎)福音館書
わにさんどきっ はいしゃさんどきっ(五味 太郎)偕成社


図書館にそのうち3冊があるとのことなので、
早速リクエストして読んでみることにしました。



『赤ちゃん版 ノンタン はみがきはーみー』

“赤ちゃん版”と書いてあるように、
ストーリーは無く、はみがきの楽しさがリズミカルな繰り返しの音と、
キャラクターたちのニコニコ顔から伝わってきます。

イイイのいーして、
はみがき はーみー
しゅこしゅこ しゅっしゅ

はみがきはいつから始めたらいい? という質問に
乳歯が生えたらスタート(目安は6ヶ月〜1歳)と教えてくれた池辺さん。
この本なら、はみがきを始めたばかりの赤ちゃんにも伝わるかな?
なかなか歯磨きに慣れてくれない息子に、
NHKの「仕上げはおかーあさーん♪」の歌でなんとか盛り上げていた私。
正直、この一曲だけだとはみがきが終わるまでの間が持たない・・・。
今度からこのノンタンの歌(?)も持ち歌として活用してみようかしら。

はみがきって楽しいことなんだよ〜と、気分を上げてくれる一冊です。

040.JPG
『赤ちゃん版 ノンタン はみがきはーみー』
作・絵/おおともさちこ
偕成社

『わにさんどきっ はいしゃさんどきっ』

一冊目のノンタンの、のん気なニコニコ顔と違い、
こちらはタイトルからして何やら緊張感があります。
表紙では、はいしゃさんはドリルを持ってるし、わにさんは気の進まない顔をしています。
うーん、ちょっと怖い。
でもこどもって、案外楽しい話ばかりじゃなく、怖いもの好きだったりしませんか?
大丈夫。五味さんの絵はユーモラスだし、これ実は笑える本でもあるんです。
さて、どんなお話でしょう?

虫歯ができちゃったわにさん。
遊んでいたいけど、しぶしぶ歯医者さんへ向かいます。
わにさんと歯医者さん、
お互いその大きな牙や、手に持ったドリルを見て「どきっ」!
「どうしよう・・・こわいなあ・・・」
二人とも立場は違うけど、同じことを言います。
これ、お話の最後までこのパターン。
同じ言葉できれいに締めくくってくれます。
怖いけど、がんばって、覚悟を決めて治療を開始。
なんとか二人で協力して虫歯の治療は終わります。
ほっ。
もうにどとはあいたくないね・・・
ということで、「だから はみがき はみがき。」

イヤイヤ期真っ只中のわが息子、なかなかしぶとくはみがきを嫌がります。
ちょっと怖い、けど面白い。
たまにはこんな一冊でピリッ!と刺激を入れてみるのもひとつの手なのかもしれません。

035.JPG
『わにさんどきっ はいしゃさんどきっ』
作・絵/五味太郎
偕成社

『いーはとあーは』

そして三冊目は、リズムでもなく、感情でもなく、
理論でアプローチ。
赤と黒とオレンジ色だけで構成されたシンプルな色使いですが、
結構たくさん書き込んであって、作者の熱が画面から伝わってくるようです。
虫歯を放っておくと、どんどん進んで痛くなっちゃうよ。
歯はいろんな形があって、
こどもの歯と、大人の歯はちがうんだよ。
こどもの歯の下に大人の歯があって、生えかわって出てくるんだよ。
おねえちゃんの口の中にあるピカピカ光ってるのは、
歯医者さんが治してくれたもの。
虫歯にならないようにするには、そう、はみがき。
がしがし やるのはダメー。
こちょこちょこちょっと動かすの。
大事なのは「歯をみがいてきれいにすること。甘いものをたくさんたべないこと。」
主人公の「ぼく」がいろんな人の口の中を見せてもらって、
知って、感じて、必要性とやり方を学ぶ。という文面。
赤ちゃんではなく、少し理解力ができた年齢向けだなーという印象です。

はみがきしなさいっ!
と上から押さえつけるのではなく、こどもと対等な視線がいいなぁと思いました。
わかっていないようで、実はこどもって理解してることがあるから
我が家のもうすぐ3歳にも読んでみようと思います。

039.JPG
『いーはとあーは』
作/やぎゅうげんいちろう
福音館書店

【AK&Mu】
posted by あわぼぉんネット at 08:25| 絵本